古俳書トップページ > 露柱菴記[露柱庵記]

露柱菴記[露柱庵記] / 烏明

書名
本標題 露柱菴記[露柱庵記]
本標題ヨミ ロチュウアンキ
本標題ローマ字 ROCHUANKI
著者
責任表示
(著者・編者・撰者・評者など)
烏明
責任表示ヨミ ウメイ
責任表示ローマ字 UMEI
刊・写(地、者、年)
刊・写 刊本
出版地・書写地 江戸
出版者・書写者 東門子
一湖堂
出版年・書写年 宝暦10年(1760)
形態
特殊装訂 四つ目綴
数量 1
存欠の状況 全揃 全 1巻
寸法(縦×横cm) 23.2×15.8
書型 半紙本
丁数 48丁
刷り・書写、保存の状態 修繕すみ
所蔵
所蔵ID
  • 102717240
請求記号 027/272/1
書名の注記
<巻頭以外からの場合>
前半に収録された「露柱菴記」より
責任表示の注記 「露柱菴記」より
出版・書写の注記 7丁ウ「寶暦第十竜集庚辰」
48丁ウ「東都書舗 東門子(「門子」の一部が破れている)/一湖堂」および『関東俳諧叢書4』より
印記・識語・書き入れ等 1丁オ洞山禅師の肖像
2丁オ「露柱菴記」
7丁ウ印「帋雲/坊」「烏/明」
8丁オ「那古山詣」
27丁ウ、32丁ウ、34丁ウ(2つ)、43丁ウ(2つ)、44丁ウ、46丁ウ(6つ。ただし右下版別困難)以上同一の朱印
36丁補写の挟み込みあり、朱筆「籐園堂俳書目録(昭和十一年版)廿九丁松露庵記延享二年落丁補充」
45丁オ「松露菴記」
47丁オ「延享ニ乙丑仲春 梅里野人写[刷印]」
備考 題簽なし
喉丁付各丁ウ 「一(~七)」(8丁~13丁見えず)「十四」(15丁~25丁見えず)「廿六(~廿九)」「三十(~三十五)」「三十三」「三十七(~四十七)」ナシ(33丁重複、36丁落丁(挟み込みで補写あり))
匡郭 「露柱庵記」界線縦19.4×横12cm、「月次定連」「古人部」四周単辺縦16.9×横12.3cm
影印・翻刻・解題
マイクロ資料 MF//43
MF//906
翻刻・解題の情報 ○翻刻
『関東俳諧叢書4』(加藤定彦、外村展子編 関東俳諧叢書刊行会)